menu
Pull to refresh

#沖合

魚の鮮度を保つ「活け締め」や「神経締め」は具体的にどんなことをするのでしょうか?

本間俊輔

株式会社水土舎主任研究員

「活け締め」「神経締め」は、より長い間、おいしく食べるために魚を殺す方法のひとつです。一般的に、獲った魚は魚艙(ぎょそう)という…

郷土色があり長く愛される料理や加工品を、料理人に開発してほしい

長崎一生

さかなの会代表

まず、「アイディア出し」を料理研究家などの専門家に依頼する方法を整理しましょう。「直接本人にアクセスする」「本人にアクセスできる…

干しカレイの売り上げが減少、干し魚の新しい売り方や加工の方法が知りたい

麓 貴光

株式会社水土舎 代表取締役

愛媛県にある株式会社キシモトが、「骨まで食べられる干物」を開発した事例を紹介します。昭和46年に干物製造・販売する会社として創業し…

プラスチックごみによる海洋汚染が心配。ゴミ対策でできることは?

池田隆

株式会社平泉洋行

海洋プラごみ問題は多くの市民に「自分事」と認識してもらうことが大切です。具体的には、漁協や釣りポイントなどに看板を設置する方法は…

漁師志望の若い人を受け入れる住居が集落にない。どう用意すればいいですか?

馬場 治

東京海洋大学名誉教授

新規漁業就業(希望)者が生活する基盤となるのが住居ですから、重要な案件です。地元自治体が住居を確保したり、費用を助成したりしてい…

海洋ゴミ問題を多くの人に知ってほしい。漁師にできる啓蒙活動を教えて!

麓 貴光

株式会社水土舎 代表取締役

海洋ごみの問題は、近年世界的にも注目されています。この問題に対し、近年さまざまな国の機関がそれぞれ対策を行っている状況です。日本…

赤潮被害への対策と補助金制度について教えて

NPO法人イドバタ

NPO法人イドバタ

はじめに、長崎県における赤潮被害の対策と補助金制度について、長崎県水産総合研究所の資料を参考にご説明いたします。長崎県内では、赤…

漁業で女性は補助的な仕事ばかり。女性が船上で活躍するにはどうすればいい?

三木奈都子

一般社団法人うみ・ひと・くらしネットワーク会員

人数こそ少ないかもしれませんが、漁業好きな女性はこれまでもいましたし、もちろん今もいます。女性排除の空気感から、漁業に近づかない…

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Loading...