menu
Pull to refresh

#スマート農業

ドローンを農作業に使用する際に必要な許認可を教えて

古田充生

南榮工業 (株) ジャパンドローンセンター所属(DJI認定 マスター教官・1級整備士)

農業用ドローンの運用には、数種類の航空法が関連します。届け出は、国土交通省(東日本の場合は東京航空局、西日本の場合は大阪航空局)…

農薬散布におすすめのドローンは?維持費はどれくらいかかるの?

古田充生

南榮工業 (株) ジャパンドローンセンター所属(DJI認定 マスター教官・1級整備士)

農薬や肥料の散布には、液剤散布装置や肥料を含む粒状散布装置の汎用性が高いものを選びましょう。さらに、機体に障害物センサーが付いて…

ドローンを獣害対策に活用することってできるの?

古田充生

南榮工業 (株) ジャパンドローンセンター所属(DJI認定 マスター教官・1級整備士)

農業と鳥獣害は、切っても切り離せない部分が多いですよね。どの自治体さんも困っているという話をよく耳にします。私が勤める会社では、D…

ロボット農機は本当に役に立つ?果物で使える農機は?

野口伸

北海道大学農学研究院ビークルロボティクス研究室 教授

農業就業者の高齢化により労働力不足が深刻になってきている日本では、「スマート農業」に注目が集まってきています。本研究室でも「ICT×…

膨大なトマト畑の収穫量をデータ化し、次年度の収量アップに繋げたい

藤野直人

株式会社クロスエイジ 代表取締役

農地拡大と売上アップ、素晴らしい業績ですね。データ化に取り組む際に考えるべきことは3つです。まず「どんなデータ」が必要であるか。そ…

長ネギの収穫日や収穫量を予測してくれるシステムはありませんか?

村山邦彦

伊賀ベジタブルファーム株式会社

成長や収穫時期を「見える化」したいとのことですが、そのために必ず必要になるのは「データ(記録)」です。品種ごと、季節ごとの生育と…

トヨタ「豊作計画」が刷新されたそうだが、内容や使い勝手を知りたい

下村豪徳

笑農和 代表取締役

トヨタ自動車が開発した「豊作計画」は、トヨタ式改善を農業現場に適用するためのコンサルティングを行いながら導入することで、現場が改…

スマート農業に小規模の農業法人でも取り組める方法が知りたい

下村豪徳

笑農和 代表取締役

「スマート農業」とは、ロボットやITなどの技術を使い、生産効率を上げる農業のことです。携帯電話がスマートフォンに置き換わったのが、…

1 2 3 4

Loading...