コラム

【農家が現場でできる経営改善④】目指せ!直販率倍増。ホームページに載せる情報とは?

阿部梨園ホームページのトップ画像

「家業から事業へ」をスローガンに業務改善を行い、梨の直販率を99%に上げた栃木県宇都宮市にある阿部梨園。その立役者として注目を受ける佐川友彦さんは、小規模農家では珍しい畑には出ないマネージャーとして、バックオフィスで経営改善を行ってきた。この連載では、佐川さんの体験をもとに、主に人材活用や組織マネジメントを中心に、農家のための「現場でできる」経営改善ノウハウを聞いていく。第5回ではPRで工夫したことについて聞いた。

お客様や現場の目線で伝えることを考える

私が入社した当時の阿部梨園は、ウェブサイトにしても商品カタログにしても情報が不足しているように感じました。お客様からの注文時に認識が食い違うことが多く、繁忙期の業務をかなり圧迫していたのです。
そこで、まず商品カタログを作り直すことにしました。注文の仕方や商品ごとの違いなど、注文してもらう上で伝えておきたい情報を加えました。そこをしっかり手入れしてあげることで、お客様が商品を注文しやすくなり、私たちも商品の紹介や説明がスムーズになりました。

PRはどうしても思いの丈など自分たちが伝えたいことに偏ってしまいがちですが、お客様にとって必要な情報をきちんと伝えることが大切です。
今こんな品種が採れているとか、今年はいつ頃から販売が始まりそうだとか、今年の注文方法はこのように変わるとか。客観的な立場でタイムリーに情報をまとめることが大切です。
商品カタログは外注せずに、私が作ったので、内部の事情が現場目線で分かり、出荷作業時に判断が増えて苦労しないようになど意識して作ることもできました。お客様に上手に注文までの案内をしながら、自分たちの業務を減らすこともできたのではないかと思います。

阿部梨園ホームページの説明文

阿部梨園のホームページ。贈答用と自宅用、用途別にわかりやすくピーアール。

SNSを利用して日本各地にファンをつくる

SNSについては主にFacebookで情報発信してきました。私が入社した当時の「阿部梨園」のFacebookページのフォロワー数は200件程でした。ほとんどが阿部の友達や常連のお客様でした。
それからちょっとずつフォロワー数が増えていき、今では2000件を越えました。そうなってくると、ある程度Facebookページで情報発信すれば一定のリアクションがあるとか、一定の割合のお客様に情報が行き届くことを見通しが立てられるようになります。そのあたりは随分時間をかけてベースを作ってきました。

結果的に県外のお客様がかなり増えました。注文伝票やWEBショップの受注データを見ると、明らかに他県の割合が増えましたね。これから先は地元の需要をがっちり独占するより、地理的な条件に限らず広く薄く、私たちの梨を召し上がってくださるお客様に提供したいと考えています。

阿部梨園のFacebookページトップ画面

阿部梨園のFacebookページトップ画面

ストック型とフロー型の情報発信を意識する

農業界全体を見ても、PRについて問題点を感じることのひとつは、情報が整理されていないことです。ウェブサイトやSNSで伝えたいことはコンスタントに発信されていますが、消費者が知りたい情報の発信が不足していることが散見されます。
ご自身で発信内容を書き上げている場合は、客観的な評価を受けることも大切です。ある程度、情報発信に詳しい人にお客様にとって必要な情報が網羅されているか、どうしたらもっと伝わるようになるか、アドバイスしてもらった方がいいと思います。

少なくとも必要なのは、農園の紹介、商品の紹介、商品へのこだわりや、差別化、お客様へのメッセージ。
直販をしている場合は、購入できる場所についても必要だと思います。これらは置きっ放しのストック型情報でいいと思います。

さらに、ブログやニュース記事など随時アップデートしていくフロー型の情報も大切です。
どうしてもどちらかに偏ってしまいがちですが、両方を準備して使い分けることが必要だと思います。

阿部梨園のホームページの説明文

梨の種類と購入できる時期について、わかりやすくビジュアル化。

佐川友彦さんプロフィール写真

佐川友彦(さがわ・ともひこ)/ファームサイド株式会社代表取締役、阿部梨園マネージャー◎東京大学農学部、同修士卒。外資メーカーDuPont社の研究開発職を経て、2014年9月より阿部梨園に参画。阿部梨園では代表阿部の右腕業を務める。生産に携わらず、農家が苦手とする経営管理、企画、経理会計、人事労務など、経営に関するオフィス機能を担当。さらにブランディングや広報、販売など営業面も担っている。小規模ながらスマート経営と、直売率99%超を達成した。阿部梨園の改善実例300件を公開するクラウドファンディングを実施し、300人以上から約450万円の支援を集めて話題を呼ぶ。その成果はオンラインメディア「阿部梨園の知恵袋|農家の小さな改善実例300」として無料公開されている。その後、ファームサイド株式会社を起業。講演活動や経営コンサルティングで全国各地を周り、農家の経営体質改善を旗振りしている。2020年9月、ダイヤモンド社より『東大卒、農家の右腕になる。小さな経営改善ノウハウ100』を出版。

関連記事

  1. Google検索
  2. 農場のワゴンツアーの様子
  3. クロスエイジ
  4. ネギ農家
  5. クロスエイジと顧客農家のやりとり
  6. 農家の事業承継のゴールとは

ピックアップ記事

  1. いんげん
  2. 事業承継
  3. 猪

ニュース

  1. 熊本県の中央部に位置する宇城(うき)市。
  2. ヒヨコ豆と植物性代変え肉のバーガーパテ