コラム

【YUIME創業ストーリー②】トラブル頻発!? 沖縄離島のサトウキビ事業

沖縄のサトウキビから、北海道のじゃがいもまで。「産地間連携」を軸に、人手不足に悩む農業分野で人材派遣を展開するYUIME。外国人材では、特定技能での在留資格に特化し、「派遣」を扱う数少ない事業者として、生産者の方々と同じ目線で課題に向き合い、第一次産業の未来をつくっていくことを目標に、全国で営業活動を展開する。代表取締役の上野耕平が創業のきっかけや思いを語る連載、第2回。(第1回はこちら

南大東島への実績がもたらした新しいクライアント

前回もお話ししたとおり、南大東島は絶海の孤島です。派遣の皆さんの往復の交通費だけでもコストがかかりすぎる。そこで僕たちは、南大東島以外の離島の全製糖会社に営業をかけることにしました。
サトウキビ事業はその島々の基幹産業にもかかわらず、運営がすぐに立ちゆかなくなる傾向にあります。離島でそもそも人手が少ないことや優秀な人材が沖縄本島などに流出してしまうため、組織運営が安定しない。とはいえ、廃業するわけにもいかないので、南大東島、伊江島、与那国島などの製糖会社の管理・運営は、大きな民間企業、もしくはJAおきなわが引き受けていました。

僕らはそのJAおきなわそのものが人不足に陥っていると耳にし、何度か商談に訪れていました。そんなある日、全国展開している派遣会社がJAおきなわの了解も得ずに募集を出して採用活動を行っていることを偶然知ります。募集の記事広告を江城くんが発見したのです。
その旨JAおきなわに報告し、「派遣をどこかに任せるのであれば、沖縄に支社があり、南大東島への実績がある弊社に任せてもらえませんか?」と切り出すと、急に話が進み出しました。
それからさまざまな経緯と粟国島での実績ののち、1年後にはJAおきなわが運営するほとんどの離島における製糖事業の派遣を請け負うことになったのです。

島の治安・秩序維持とトラブル未然防止を表されて

労働期間は、島にもよりますが、だいたい3カ月程度。仕事としては、サトウキビの計量や糖度計測、鎌を使ってサトウキビを割く作業などがあり、その人の適性にしたがって割り振られます。しかし、工場が24時間操業のため、派遣の仕事も12時間交代制。辛くて途中で逃げる人が当時は少なくありませんでした。
もちろん、こちらの準備不足も否めない。住環境の整備が追いつかず、来てくださった方々にかなり不自由な思いをさせてしまいました。

特に苦い思い出は、与那国島での製糖業務です。
サトウキビは島にとっては基幹産業なので、島民個人の力と結束力がとても強い。加えて、当時は与那国島を二分するような政情に島全体が巻き込まれている真っ只中のため、さまざまな動きがありました。

そんな中、JAおきなわ与那国支店の新工場設立にあわせて、エイブリッジから派遣スタッフが40人ほど島に入ったときは、島民の「外の人」に対する不信感や反発が大きく、また宿泊施設が用意できない状況となっていました。
交渉の末、公民館を借りることができたのですが、40人に対してシャワーはたった2つ。タンクもそんなに大きくないから、お湯がチョロチョロとしか出ない。なおかつ、冷たい床にダンボールを敷き、その上に布団を敷いて寝るという・・・。沖縄は暑いとはいえ、これでは肉体的にも精神的にも参ってしまうと非常に焦りました。
いまでは笑い話ですが、派遣スタッフのひとりが寝床となる床の上に立ちながら、「宿泊先はどこですか」と訊いてきて、「君が立っているところ」といったときの驚愕の表情、覚悟を決めた顔は忘れられません。ちなみにそのスタッフですが、その後エイブリッジで5年働いていただきましたが、最終的にはサトウキビで貯めたお金をもとに故郷に戻りました。
なお、宿泊所に関しては、よくよく聞いたところ、自衛隊が大規模なレーダー基地を建設中でたまたま空いていないだけとわかり、基地の完成後は無事に泊まれるようになりました。

食べ物の調達も最初は大変でした。台風が来ると、船が止まって食材が運ばれなくなる。ひどいときは、夕食が「味噌汁とご飯にちょっとしたおかず」程度で、みんなどんどん痩せていくのです。慌てて弊社からレトルトのカレーやラーメン、缶詰などを空輸で送りました。沖縄本島のAEONから一瞬レトルトカレーが消えたのは、実はエイブリッジが買い占めてしまったことが原因です。

派遣の男性が酔っ払って、警察官に喧嘩をふっかけたこともありました。そんな事件が日常茶飯事で、連日ひっきりなしに警察から電話がかかってくるので、喧嘩の強そうな屈強な社員を入れて対応したこともあります(笑)。

もちろん、平穏な思い出も。伊江島だったか、雨が降らずサトウキビの生育に影響が出たとき、なんと雨乞いの祈祷が始まったのです(笑)。これには驚いたし、まさかの雨も降ってきて、さすが沖縄だと感じました。

実はいくつかの派遣会社がこのサトウキビ事業に参入したのですが、前述したようなトラブルというか出来事が必ず起きるので、担当者が疲弊して逃げ出してしまうのです。派遣会社としては続けることがリスクとなり、どこも早々に引き上げてしまいました。

エイブリッジはむしろ、「トラブルが起きてなんぼ」!
クライアントがトラブル対応で大変な思いをするところ、「エイブリッジが引き受けることによって、クライアントが楽になる。むしろ喜ぼう!」と弊社の担当者は自らを鼓舞。その結果、クライアントの直接雇用の人材までプライベートで面倒をみることになり、ついには島の有名人となりました。

島の名はあえて伏せますが、製糖業務が無事終了した際、この担当者は島の治安・秩序維持とトラブル未然防止を表され、交番勤務の巡査個人による表彰を受けておりました。

YUIME 代表取締役社長  上野耕平(写真=平岩 亨)

社員の自己実現が、会社の成長につながる

エイブリッジでは同時に、江城くんを中心にITの人材派遣も進めていきました。
江城くんは「大学に行くより、社会に出てトレーニングした方がいい」という考えのもと、高校卒業後は東京で就職し、京都のベンチャー企業、沖縄に拠点のあったインドのITサービス企業を経て、沖縄に戻ってきた人です。

前回書いたとおり、エイブリッジへの入社時、彼はふたつの条件を提示しました。
その1つ目である「高卒生に対する派遣の教育システムの構築」ですが、最初の数年間はなかなかうまくいかなかった。特に高卒生は若くて目移りするのか、数度のトレーニングを経て一人前になる寸前に、もっとよい条件を提示した会社へと移ってしまうのです。
現在はおかげさまで定着が続き、高卒・大卒含めて新卒入社のITの人材派遣が8名在籍しています。また僕も江城くんも、「弊社がステップ1となり、ステップ2へと自らの力で羽ばたいていくのは素晴らしい!」と感じられるように成長しました(笑)。

2つ目の「海外事業への参画」に関しては、IT人材を採用してオフショアの開発拠点をつくるという目的のもと、ミャンマーに会社をつくりました。
もともと僕の友人がクレジットカードのインフラをつくるためにミャンマーで起業したのですが、外資にはインフラをつくらせないと政府から言われ、「撤退するのももったいないから、社員ごと引き受けてほしい」と言われたのがきっかけです。
登記を変え、事業内容を「IT人材の育成」に変え(引き受けた社員10人弱は全員エンジニアだったので問題なし)、優秀な営業マンを現地法人の社長に据え、エイブリッジの子会社「MBRIDGE」として2015年4月に創業。その現地法人の社長が、ミャンマーの大学でプログラミングを学んだという新卒を60人、採用しました。

ところがこれが大問題。60人のIT教育レベルが非常に低かったのです。
当時のミャンマーの大学はどこもパソコンの台数が圧倒的に少なく、学生はプログラミングを紙に書いていたことがわかりました。つまり、プログラムを書けるというレベルにはなく、一から教えないといけない。しかも、もとからいる10人弱のエンジニアもプログラムのPHPが少しわかる程度で、人を教育するレベルにはなかった。
そんな状況が3年間続き、赤字が嵩みました。現地法人の社長は「責任を取ります」と、新卒採用の60人のなかで将来モノになりそうな10人を残してほかをクビにし、自らも退任しました。

現在は、IT教育のためにエイブリッジに入社した沖縄出身のプログラマーが現地法人の社長となり、アジアのIT人材・育成センターを目指して奔走しています。ミッションは、ますます深刻化していく日本の少子化によるITエンジニアの人材不足を補うため、アジアの人材を教育すること。

中国、インド、ベトナムをはじめ、東南アジアおよびASEANでのオフショア開発が加速度的に増加するなか、コストパフォーマンスナンバーワンの国としてミャンマーでのオフショア開発を選択する日本企業も増加しています。おかげさまでMBRIDGEも日本企業のウェブのシステム開発案件を中心に、ミャンマーで数々の開発を手掛けています。

インタビュー=堀 香織(Kaoru Hori)

関連記事

  1. お茶畑の中にカラフルな農機
  2. YUIME 代表取締役社長、上野耕平のポートレート
  3. クロスエイジ社員とクライアント

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. クロスエイジと顧客農家のやりとり

ニュース

  1. クロスエイジと顧客農家のやりとり