コラム

【YUIME創業ストーリー ①】沖縄で始めた農業人材派遣の険しい道のり

YUIME 代表取締役社長、上野耕平のポートレート

沖縄のさとうきびから、北海道のじゃがいもまで。「産地間連携」を軸に、人手不足に悩む農業分野で人材派遣を展開するYUIME。外国人材では、特定技能での在留資格に特化し、「派遣」を扱う数少ない事業者として、生産者の方々と同じ目線で課題に向き合い、第一次産業の未来をつくっていくことを目標に、全国で営業活動を展開する。代表取締役の上野耕平が創業のきっかけや思いを語る連載、第1回。

沖縄で派遣事業「エイブリッジ」を始めたきっかけ

2020年7月創業の「YUIME」は、IT事業・農業支援事業を行う「エイブリッジ」から、農業支援事業を独立させた会社です。まずは、なぜ僕が「農業」という分野に特化した人材派遣を手がけることになったのか、順を追ってお話ししたいと思います。
エイブリッジは2012年7月に創業しました。

当時、僕は上海で事業をしており、帰国後に何をしようか検討中でした。本帰国の前に、たまたま沖縄に行ったときのこと。友人から「大手製造業のグループ会社が大規模なテクニカルコールセンターを立ち上げるそうです。人材雇用の会社を一緒に立ち上げませんか」ともちかけられたのです。

事業がうまくいくであろうと見込んだ理由は、人数です。数百人規模のセンターをつくるという話で、ひとつ事業所をたてるときに50人程度の派遣が回れば十分やっていける。それで東京に本社(といっても友人の会社の隅に間借り)、沖縄に支店という形で、エイブリッジを立ち上げることになりました。

ところがその目算は大きくはずれました。事業所安定ラインで考えていた50名を大きく下回り、10名ぐらいの運用が1年続き、加えて競合他社も日増しに増えていく状況にありました。なおかつ僕は上海にいて、直接関われなかった。立ち上げから1年が過ぎたころには、残念ながら赤字が膨らんでしまいました。
(現在ではその大手製造業グループ会社の大規模テクニカルコールセンターにおける、エイブリッジのシェアは同企業内のパートナー企業でNo1の実績をだしています※2020年度時点)

そこで僕は、上海の事業を育ててきた日本人スタッフに任せ、帰国してエイブリッジの社長に就任しました。
最初に手がけたことは、沖縄事務所を任せられる人材のリクルーティングです。しかし、マネジメントのできる優秀な人材がなかなか見つからなかった。
そんなとき、沖縄のあるバーで、友人ふたりと飲むことになりました。那覇市松山にある、泡盛しかないバーの小さな個室です。有能なマネジャーを見つけられずに焦っていた僕は、酔った勢いで「もう無理や! エイブリッジは畳むわ!」と言ってしまいました。

すると、友人のひとり、安田くんが────彼は僕より10ほど下の、琉球空手の師範をもっている優秀な男なのですが、「上野さん、ちょっと待ってください。沖縄のためになるのであれば、後輩を紹介します」と僕を説得しだしたのです。

現在、安田くんは、ドイツの世界的大企業にて日本代理店責任者を務めていますが、当時はインドのITサービス企業「ウィプロ」のテクニカルコールセンターの運営責任者でした。その彼の部下、江城(えしろ)嘉一くんがたまたま東京から沖縄に帰ってきたばかりだということでした。

僕はさっそく翌日に江城くんに会いにいったのですが、話をしてみると、江城くん自身も沖縄の派遣のシステムを憂いていました。派遣会社から派遣されて仕事に行く人というのは、ベースアップをなかなかしない。だから、1年勤めても3年勤めても、待遇も変わらないし、スキルアップもしない。それではワーキングプアを量産しているだけになる。その現状を変えるためには、教育しかないのではないか、ということを熱く語り出したのです。そして、エイブリッジの責任者に立候補してくれました。

条件はふたつ。ひとつ目は高卒生に対する派遣の教育システムをつくれること。ふたつ目は海外事業への参画。僕はそのふたつを了承し、彼に入社してもらいました。社長の僕、事務兼営業の女性ひとり、そして江城くんの3人で、ようやくエイブリッジは再スタートを切ることになりました。

手を引く予定だった、南大東島への派遣事業

エイブリッジではそのころすでに、南大東島のサトウキビ製糖業務の派遣事業を始めていました。
南大東島は沖縄本島から約400km東方にあり、サトウキビの収穫シーズンのみ人手を募集します。「沖縄の離島ライフを満喫しながらアルバイトしてみませんか?」というのがウリなのですが、当時は募集人数も少なく、弊社としてはまったく採算が取れませんでした。

江城くんはもともとITサービス企業で働いていた人で、「高卒生を採用し、社内でIT に関わる研修をして、IT人材として派遣する。一定期間が経ったら戻ってきてもらい、再度研修を行って、能力をステップアップさせる」ということを新しく始めようと考えていました。つまり、採算の取れない製糖関係の派遣事業はこの際だからやめよう、と言うわけです。

しかし南大東島からは、「沖縄じゅうの派遣会社にあたったが、結局どこもやってくれなかった。エイブリッジに派遣を断られたら、南大東島の製糖事業は立ちゆかなくなる」とストップがかかる。そこで江城くんは詳しい話を聞くためにクライアント先である「大東糖業」を訪れたのですが、帰社するなり「これはやらないといけないですね!」と急に意見を変えたのです。

南大東島のサトウキビ畑

大東糖業のシンボル的な煙突

南大東島は、珊瑚が隆起してできた、西の端の島。那覇からはプロペラ機で1時間かかる、“秘境の地”です。

もともとは無人島でしたが、八丈島の人が探し当て、断崖絶壁をよじ登って地質調査したところ、「湖があって水がある。水があるということは、サトウキビが栽培できる」ということで、八丈島のサトウキビ栽培をもってきた島なのです。その後、沖縄県内の人材も入植し、沖縄のサトウキビ発祥の島となりました。

日本の領域は、西側で言うと、南大東島から200海里です。つまり、南大東島が消えると、領域がかなり減る。南大東島周辺は様々な海洋資源が豊富です。日本の未来を考えれば「絶対になくてはならない島」なのです。

先の大東糖業様は、南大東島のシンボルとなる企業で、その工場の煙突には、「さとうきびは島を守り島は国土を守る」というフレーズが書いてあります。少しとがったコメントに見えますが、同企業のみならず、島の農家ふくめて、自分たちはさとうきびだけを守っているのではなく、南大東島を守り、ひいては日本の国土を守っているんだという、南大東プライドということです。当初はこのフレーズに驚きましたが、いまでは僭越ながら我々もこのフレーズに胸を張ってこたえられると考えております。

江城くんもこのことを現地で理解したのでしょう。
僕たちはこの南大東島の製糖業務に対する派遣事業から手を引かず、しかも黒字に転換させるための次の一手を考えることにしました。

インタビュー=堀 香織 写真=平岩 亨 

関連記事

  1. ジビエツアー
  2. 猪
  3. クロスエイジと顧客農家のやりとり
  4. 畜産品こそグーグルトレンドを活用
  5. 猪の解体
  6. 田畑のそばに出現した猪親子

ピックアップ記事

  1. クロスエイジと農家
  2. 農家を誰がつぐ

ニュース

  1. 熊本県の中央部に位置する宇城(うき)市。
  2. ヒヨコ豆と植物性代変え肉のバーガーパテ