農業支援

国家戦略特区として認可 外国人派遣について

外国人材について

日本全国の人材不足でお困りの農家・事業者の皆様、
私たちは、外国人農業スタッフの派遣を全面的にサポートしています。
私たちは農業に関するすべての業務に関わる中で、慢性的な人材不足の不安を外国人材の派遣で解決しています。
それは、ただ単に外国人労働者の派遣を行うだけではなく「特定技能ビザ」への対応はもちろん、人材教育・育成・管理・将来を見据えた播種計画の倍増に至るまで、より具体的な業務の向上を提案、実行します。

外国人材契約の課題

技能実習制度

技能実習制度

基本的には通年、もしくは短期でも8か月となり、閑散期の雇用も条件となる為、無駄なコストが発生してしまいます。また近年、短期間では敬遠する外国人材も増えています。

コミュニケーション

コミュニケーション

外国人材を受け入れるにあたり、業務上での日本人との間で意思疎通を図れるかが問題となります。また、国や文化によって考え方や風習が異なることも。

コンプライアンス

コンプライアンス

法令を遵守しているか。また、突然改正が行われたり、新しい制度が加わることも多いのが外国人材の雇用。いかに早く情報をキャッチするかが大事なポイントです。

生活面のサポート

生活面のサポート

ニュースなどでよく出る外国人材の失踪。雇用主にとって、一番避けたいトラブルです。安心し長く働いてもらう環境づくりが大切です。

今まで外国人材の雇用を検討したが、様々な課題や問題点から見合わせている農家や事業者の方もご安心ください。現在、YUIMEの外国人派遣を利用する多くの取引先農家・事業者の方々は、初めて外国人材を受け入れ、このような課題を解決しています。

YUIMEの外国人材派遣を活用するメリット

外国人材を直接雇用する場合には、受入れやサポートとは別に定期報告や多数の届出が必要となります。すべてを自社で行える企業であれば問題はないのですが、対応漏れや監査に抵触してしまうとペナルティが発生してしまいます。万が一の場合には、受入禁止となる場合もあり、会社の信用や業務に与える影響も大きく、実際に処分対象となった企業もあります。YUIMEの外国人材派遣を活用すれば、下記の負担を低減させることが可能となります。

直接雇用の場合

通年での雇用が原則となり、外国人材の受入れ時に入管対応、書類作成、受入れ時・受入れ後のサポートまで、自社内ですべての対応が発生します。そのため、選任者の確保も必要となります。

自社雇用での負担

  1. 日本語教育
  2. 雇用契約
  3. 都度 届出・提出
  4. リポート
  5. 失踪時の責任
  6. 現地とのやりとり
  7. 書類作成
  8. 社保
  9. 給与計算
  10. ビザ
  11. 定期報告

登録支援を利用した場合

自社での雇用とはなりますが、書類対応やサポート対応まで、YUIMEが対応します。コストはかかりますが、膨大な負担から開放され、スタッフの方も自社業務に専念。受入れに関わる心配事が解消されます。

登録支援サポートでの負担

  1. 雇用契約
  2. 失踪時の責任
  3. 社保
  4. 給与計算
  5. 定期報告

YUIMEの外国人材派遣を利用した場合

負担一切なし

私たちが面倒な手続きを代行します
※一部提出書類のご対応は頂きます

国家戦略特区事業で特定機関として認可

2019年4月にベトナム人の受入れを開始後、現在は農業派遣・登録支援スタッフとも増加しており、一部分野では多くのシェアを占めております。
今後も、改正入管法での要件を満たした外国人労働者と日本全国の農業事業に関わり、日本の農業の安定と収益向上に貢献してまいります。
国家戦略特区事業で特定機関として認可

申し込みはこちら

関連記事

  1. みかん畑を背景に立つケン チャンナラー
  2. 北海道グリーンパートナーの農場

ピックアップ記事

  1. クロスエイジと農家
  2. 農家を誰がつぐ

ニュース

  1. 熊本県の中央部に位置する宇城(うき)市。
  2. ヒヨコ豆と植物性代変え肉のバーガーパテ